本サイトにはプロモーションが含まれています

韓国Wavve(ウェーブ)を日本から見るには?【VPNによる視聴方法を解説】

韓国Wavveを日本から見る方法

韓国Wavve(ウェーブ)を日本で見るためには、VPNが必要です。VPNサービスを使って韓国のサーバーに接続すれば、誰でも簡単に日本から韓国Wavve(ウェーブ)を視聴できるようになります。

VPNを使って韓国Wavveを日本から視聴する方法
  1. などのVPNアプリをダウンロードする
  2. 韓国のVPNサーバーに接続する
  3. Wavveにアクセスして視聴する

詳しい手順をすぐに見る>>

Wavveが日本から見れない

Wavveは韓国限定で配信されているため、日本からだと通常は視聴できません。

この記事では、VPNを使って日本から韓国Wavveを見る方法について具体的に解説していきます。

日本から韓国TVINGを見るのに便利なVPN
読みたい場所にジャンプ

日本からWavveを視聴できない理由は「権利上の都合」

日本から韓国Wavveを見れない理由は、著作権です。

実際に日本からWavveのコンテンツにアクセスすると、以下のように「[알림] 해외 스트리밍이 거부되었습니다. (허용된 국가가아닙니다.)(お知らせ】海外ストリーミングが拒否されました(許可された国ではありません)と表示されます。

Wavveが日本から見れない

このように日本からのアクセスに対するブロックを解除するのが、VPNの役目です。

IPアドレスを変更できるVPNならWavveを視聴可能に!

Wavveは、韓国外からのアクセスであることをインターネットの住所を示すIPアドレスによって判断しています。

たとえば日本のインターネットを使うと、以下のように日本のIPアドレスが割り当てられます。

日本から接続したときのIPアドレス

韓国側のサイト(今回の場合はWavve)は、このIPアドレスによって日本からのアクセスだと判断するので、コンテンツを見れないようにブロックしてしまうのです。

しかし、VPNを使えばこの問題を回避できるようになります。

VPNを使って韓国のサーバーに接続すると、以下のように韓国のIPアドレスでアクセスできるようになります。

韓国のIPアドレス

このとき、Wavveは韓国からのアクセスだと判断してコンテンツを表示するので、日本に居ながらWavveを見られるようになるのです。

韓国のVPNサーバーを利用した場合
VPN接続あり・なしの比較

もっと詳しく:VPNとは?【できることは?】

日本からWavveを見る方法

日本でWavveを視聴する手順を解説していきます。

VPNを使って韓国Wavveを日本から視聴する方法
  1. などのVPNアプリをダウンロードする
  2. 韓国のVPNサーバーに接続する
  3. Wavveにアクセスして視聴する

STEP1:VPNアプリをダウンロードする

ExpressVPNの申し込み
当サイトを経由すると1年プランが+3ヶ月無料に!

のトップページから「お試しでVPNをはじめる」をクリックします。

その後、料金プラン・支払い方法・決済情報などを入力し、画面の指示にしたがってアプリをダウンロードします。【登録は10分以内に完了します】

申込みプロセスや使い方の詳細は、「ExpressVPNの申込方法・使い方の詳細手順」をご覧ください。

STEP2:韓国のVPNサーバーに接続する

ExpressVPNのアプリを開いてログインします。

検索窓に「韓国」と入力後、「韓国」を選択して「接続」をクリックすれば、すぐに接続できます。

韓国のVPNサーバーに接続する
韓国のVPNサーバーに接続する

STEP3:Wavveを視聴する

VPN接続ができたら、Wavveにアクセスして、視聴するだけです。

VPNを韓国のサーバーに接続すれば、実際に視聴できることを確認しています。

Wavveが日本から見れる

リアルタイム視聴をする場合は、ホームページ上にある「LIVE」のところをクリックして視聴しましょう。

注意点

視聴しているときは、VPNを接続したままにしておきましょう。

VPN接続が切れると、国外からのアクセスと判断されて視聴できなくなってしまいます。

Wavveの会員登録をする方法

Wavveは会員登録をしなくても無料で利用できますが、無料会員に登録することで見られるコンテンツの幅が広がります。

Wavveに会員登録をする手順は、以下のとおりです。(VPN接続しなくても、会員登録は可能です)

会員登録手順
  1. トップページのログインをクリックする
  2. ログイン情報入力欄の下にある会員登録をクリックする
  3. メールアドレスとパスワードを入力する
  4. 利用規約にチェックを入れる
  5. 携帯電話による本人認証をスキップする

図を交えて解説していきます。

まず、Wavveのトップページの上にある「ログイン」をクリックします。(ブラウザの翻訳機能を使って手順を進めることも可能です)

Wavveの登録手順

ログイン情報の入力画面の下にある「会員登録」を押します。

Wavveの登録手順

メールアドレスとパスワードを入力します。

パスワードは8~20文字で、英大文字、数字、特殊文字を使う必要があります。

入力したら、ボタンを押して先に進みます。

Wavveの登録手順

メールアドレスとパスワードを設定したら、利用規約の同意にチェックを入れて、ボタンを押して先に進みます。

Wavveの登録手順

利用規約に同意をすると、次の画面で「本人認証をするとお得ですよ」と促されますが、韓国の携帯電話でないと認証できないので、無視して下の「スキップ」を押します。

Wavveの登録手順

スキップを押すと、「本人認証をすれば各種プロモーションや割引の恩恵を受けられます。それでもスキップしますか?」と聞かれるので、「OK」を押して先に進みます。

Wavveの登録手順

登録が完了すると、メールアドレス宛に以下のような「会員登録完了案内」が送られてきます。 

Wavveの登録手順

韓国Wavveを見るのに【おすすめVPN3選】

日本からWavveを見るのにおすすめのVPNは、以下3つです。

おすすめVPN

ExpressVPN:高速通信でアプリの操作性に優れた世界最大手のVPN

ExpressVPNスクリーンイメージ
価格1ヶ月プラン:1,496円/月
1年プラン:594円/月
2年プラン:396円/月
※当サイト経由の登録で+3ヶ月無料プレゼント
無料お試し・返金保証期間30日間
サーバー台数1,300台
サーバー設置国50カ国
日本語対応
同時接続台数8台

ExpressVPNは世界最大手の老舗で、有料登録者数が全世界で400万人を超えるVPNプロバイダです。

通信速度の速さや安定性に優れたVPNで、当サイトの検証でも常にトップクラスの通信速度を誇っています。

またアプリの起動から接続まで30秒~60秒ほどかかるVPNが一般的な中、ExpressVPNはわずか10秒ほどで起動から接続までを完了できるので、毎日の利用でもストレスがありません。

サーバー設置国、サーバー数も世界トップクラスなので、さまざまな用途で活用可能です。

メリットデメリット
通信速度と安定性が優れている
アプリの動作が早くて使いやすい
ノーログポリシーを採用している
サーバー設置国のバリエーションが豊か
ビットコインでの支払いに対応している
中国からでも利用できる
価格が他のサービスに比べるとやや高い
ExpressVPNがおすすめなのは
  1. 速度と安定性を重視したい人
  2. 口コミや実績を重視してVPNを選びたい人

▼公式サイト▼

\3ヶ月無料プレゼント+30日間返金保証/

ExpressVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
ExpressVPNの評判・レビュー【メリット・デメリットは?安全性は?】 ExpressVPNは、アクティブユーザーが全世界で400万人を超えるVPNプロバイダで、通信速度とアプリの使い勝手に優れたVPNとして評判です。当サイトではExpressVPNを数ある...

NordVPN:価格・使い勝手のバランスがとれた大手VPN

NordVPNトップページ
価格1ヶ月プラン:1,429円/月
1年プラン:505円/月
2年プラン:439円/月
無料お試し・返金保証期間30日間
サーバー台数5,800台
サーバー設置国60カ国
日本語対応アプリやサポートは日本語、規約は英語
同時接続台数10台

NordVPNは、新規利用者が世界NO.1の大手VPNです。

価格と使い勝手のバランスに優れていて、通信速度の点でも十分に満足できるレベルのVPNです。

メリットデメリット
新規利用人数がNO.1の世界最大手
使えるサーバー数が多い
価格が安い
ノーログポリシーを採用している
専用アプリが使いやすい
暗号通貨での支払いに対応している
短期間の利用だと割高になる
中国からの利用だと不安定になる
NordVPNがおすすめなのは
  1. 長期プランで価格を少しでもお得にしたい人
  2. 新規の利用実績を重視したい人

▼公式サイト▼

\30日間返金保証あり/

NordVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
NordVPNの評判・レビュー【メリット・デメリットは?】 NordVPN(ノードVPN)は、世界トップクラスの利用実績を誇るVPNプロバイダです。 価格、通信速度、使い勝手はいずれも高い水準を誇っているので、VPN初心者を含めた多く...

MillenVPN:日本企業が運営する安心感が強みのVPN

MillenVPNトップページ
価格1ヶ月プラン:1,496円/月
1年プラン:594円/月
2年プラン:396円/月
無料お試し・返金保証期間30日間
サーバー台数1,300台
サーバー設置国50カ国
日本語対応すべて日本語で対応
同時接続台数10台

MillenVPNは、日本の企業が提供している純日本製のVPNプロバイダです。

日本企業が運営するVPNは多数ありますが、サーバー設置国、サーバー数ともに日本のVPNの中ではトップクラスです。

契約・規約、操作マニュアルやサポートなど、すべて日本語での対応となっている日本人にとっても安心できます。

VPNに対するブロックが厳しいサービスでも、MillenVPN Nativeを使うことでブロック解除できるケースが多数あります。

メリットデメリット
日本製の主要VPNサービスの中で最安値使える
サーバー数が多い
日本語対応が充実している
サービス改善を要望しやすい
ノーログポリシーを採用している
MillenVPN Nativeが優秀
中国からもアクセス可能
サーバー数が海外大手VPNに比べて劣る
通信速度が海外大手VPNに比べてやや遅い
MillenVPNがおすすめなのは
  1. 日本製のVPNサービスにしたい人
  2. 日本製の中でも価格を重視したい人
  3. 日本製の中でもサーバー設置国、設置数の多さを重視したい人

▼公式サイト▼

\30日間返金保証あり/

MillenVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
MillenVPNの評判・レビュー【メリット・デメリットは?】 MillenVPN(ミレンVPN)は、「価格が安い」「使えるサーバー数が多い」「純日本製で安心」「中国からでもアクセス可能」など、高い評判を誇る日本製のVPNプロバイダです...

FAQ:よくある質問

日本からWavveを見るときによくある質問です。

Wavveは日本から視聴するときも無料ですか?

韓国Wavveは、無料のまま見られる動画を多数配信していて、VPNだけあれば日本からでも追加料金なしで視聴可能です。

日本からWavveを見るのは違法ではないですか?

VPNの利用に違法性はありません。

VPNによってIPアドレスを変えることは、合法的な行為だからです。

ただし、ごく一部の国では違法とされているので注意しましょう。

もっと詳しく:VPNは違法か?合法か?【VPNを規制している国】 

VPNに接続してもWavveを視聴できませんが、どうしたらよいでしょうか?

VPNに接続しても動画配信を見れない場合は、以下のことを試してみましょう。

対処方法
  • VPNを切って再接続する
  • 別のVPNサーバーに接続する
  • ブラウザのキャッシュを削除する
  • 別のブラウザを使ってアクセスする
  • 別のデバイスを使ってアクセスする
  • VPNプロトコルを変えてみる
  • VPNサービスのサポートに連絡する
  • 別のVPNサービスを使う

もっと詳しく:VPN接続で動画配信を見れないときの【対処法】

VPNを使ってほかの韓国テレビ番組を見れますか?

VPNを使うことで見られる韓国のテレビ配信は、以下のとおりです。

VPNで視聴可能な韓国のテレビ配信(代表例)

無料のVPNを使っても問題ないですか?

無料VPNの最大の問題は、セキュリティポリシーが不明確であることです。

最悪の場合、悪意を持って通信データを盗まれる可能性もあるので、セキュリティポリシーがしっかりしている大手の有料VPNの利用をおすすめします。

VPNは他にもメリットありますか?

VPNの個人利用には、以下のようなメリットがあります。

  • フリーWi-Fi利用時のセキュリティを守れる
  • 海外から日本のサービスにアクセスできる
  • 日本から海外限定のサービスにアクセスできる
  • 航空券やホテルを安く予約できる
  • YouTube PremiumやNetflixなどのサブスクサービスを安く利用できる

もっと詳しく:VPNを個人利用するメリットは?

まとめ

以上、VPNを使ってWavveを見る方法でした。

おすすめのVPNは、以下3つです。

日本からWavveを見るのに便利なVPN
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
読みたい場所にジャンプ